クライミングの部屋

初心者必見!!初めてのクライミングシューズ選び

wonder_girl

ボルダリングを始めてそろそろクライミングシューズが欲しいなと思った時「選び方がわからない!!」そんな方も多いと思います。
今回はそんなボルダリング初心者の方に向けて靴選びの心得を伝授しようかと思います。

この記事を通じて伝えたい事

結論から言ってしまうと一番いいシューズとは「自分の足に合う」シューズです。
そして、「自分に合う」シューズを見つけるためにやってほしいことは「とにかく試し履きする」です。
これから自分に合うシューズに基準や見つけ方についてゼロから解説していきますが、

・「自分の足に合う」シューズ
・「とにかく試し履きをする」

この2つを念頭に置いて読んでみてください。
きっといいシューズを見つけるヒントになると思います。

クライミングシューズとは?

クライミングシューズとは、壁を登りやすくするための靴で、つま先が固く小さな粒のようなホールドに足をかけれるし、かかとからホールドに乗り込むことだってできます。クライミングシューズはそんな多くの動きを実現するための靴なのです。

クライミングシューズ 着脱編

        shose_image

締め方は3種類!!

       

【スリッパタイプ】

スリッパのように履くので履きやすいタイプ。登ってないときこまめに靴を脱ぎたい人はスリッパタイプなら快適。サイズ感を間違えてるとかかとが脱げやすくなっているのが難点。

       

【ベルクロタイプ】

マジックテープでベルトを締めるタイプ。履きやすく締めやすい一番人気のタイプです。
メーカー、シリーズによって1本で締めるものかた3本で締めるものまで様々。

       

【レースアップシューズ】

紐靴タイプ。3種の中では一番きつく締めることができるので多少緩いサイズのものを選んでもきつく締めれます。着脱はしずらいです。

         

クライミングシューズ 形状編

        shose_image2

主に2つの形状があるクライミングシューズそれぞれの特徴を紹介していきます。

       

【フラットタイプ】

ソール(靴底)がフラットになっているシューズです。普通の靴のように歩けるので初めての人は違和感なく履けます。
斜度が軽いものからスラブ(85度)の壁が得意です。

       

【ダウントゥタイプ】

靴底がアーチ状になっているのが特徴。初めて履く人は歩き辛いし痛いと感じてしまうかもしれません。
ただ、性能はいいです。傾斜の強い壁やルーフが得意です。

    

クライミングシューズ サイズ編

       

クライミングシューズには色々な種類があることは分かったと思います。
次はいよいよサイズ編です。サイズ感はシューズによって色々な特徴があるよにメーカーによって変わってきます。
今からのお話はとても重要になってきますよ。

       

【サイズ感目安】

まずお話していくことはサイズ感について。
サイズ感は先ほどもお話しした通りメーカーによってまちまちです。
レンタルシューズは26cmを履いているからといって別のシューズも同じサイズで考えると合わなかったりぶかぶかだったり、そもそもcm表記がなかったりと上手くシューズを探せないです。         

ではどのように靴を探すのか?
初心者の方におすすめの方法を画像を交えて紹介していきます。

shose_image3         

まずは靴と足の裏を合わせてください。写真のように足よりも靴のほうが5mm大きいぐらいのものがいいです。
「普段の靴のサイズが26だから自分のシューズは26.5だな」ってやり方より
写真のように実寸で図ったほうが確実です。

本来のクライミングシューズは足のサイズよりも5mmから1cm小さいものがいいと言われています。
しかし、履いてみるとわかるのですが、痛いです。
最初に痛いシューズを履いてしまうとボルダリングの楽しさに気づく前に辞めたくなってしまいます。
実際にうちのジムに来てくれる初心者の方にすすめるレンタルシューズは大きめの痛くないシューズを履いてもらっています。

初めての靴は痛くない少しきついぐらいがちょうどいいと思います。
では次に履いていくのですが、その前にそもそも自分に「合う」シューズとはなにか?を説明していきます。

【そもそも「合う」シューズとは?】

普段履いている靴の「合う」とは履いていて脱げない。とかつま先と靴の間に隙間がないとかが「合う」靴だと思います。
クライミングシューズでいう「合う」はつま先も甲も足幅もかかとも隙間なくぴったりのことを言います。これが理想のクライミングシューズです。

         

本来クライミングシューズは自分の足より小さい靴を無理やり履いて足先を固めて登りやすくするものになっています。
なので履いていると痛いです。ただそれぐらい痛いものを履いて登る人もいます。これがいわゆる「攻めたシューズ」です。
最初のうちはここまでしなくても大丈夫ですが、シューズを選ぶ際はぴったりではなく少しきついぐらいを目指すといいです。       

【大切のは足型】

普段使いの靴を選ぶ際はデザインやブランドで選ぶことが多いと思います。
ただ、クライミングシューズ選びの際はこの考え方ではいいものが選べません。       

ここで大切になってくるのが「足型」です。
「足型」は身長や体つきのように人それぞれ違っています。
足の大きさはもちろんのこと、甲の高さ、足の形やかかとの形など自分の足の特徴にあったシューズを選ぶことが快適なボルダリングにつながります。
逆に自分に合わないものを選んでしまうとケガや故障の原因になるのでシューズ選びは慎重に。

またメーカー毎、シリーズ毎その靴に合った足型は変わってきます。自分に合ったシューズを選ぶのに一番大切なことはたくさんのシューズを履くことです。

試し履きをして指先や甲などに違和感がなく適度にきつく履き続けていられるシューズを見つけたらそれはあなたにぴったりのシューズになります。

【試し履きの大切さ】

自分に合った靴について色々語りましただ結局のところ一番大切なのはとにかく色々履いてみることです。
自分に合っているかどうかは履いてみないとわからないので色々なお店での試し履きをおすすめします。
たくさん試し履きして自分に合ったシューズを見つけてください!!

shose_4          

当サイトを運営しているプラネットクライミングジムではサイト内に掲載している商品を実店舗で見て履いていただくことができます。
店舗は静岡市にある静岡店と袋井市にある袋井店の2店舗常時たくさんの種類が置いてあるのでぜひお立ち寄りください。ちなみに写真は静岡店

       

まとめ

       

まとめになります。
今回はシューズの特徴から選び方についてご紹介しました。ベルト種類やソールの形状、メーカーごとのサイズ感の違いを紹介してきましたがこれらのことは知識として入れといてもらいたいです。

ただ。一番大切なのは自分の足型にあったシューズを選ぶこと!!
自分のシンデレラシューズに出会うためたくさん試し履きしてください!!